So-net無料ブログ作成
検索選択
おシゴトカンケイ ブログトップ
前の10件 | -

『芸術都市パリの100年展』 [おシゴトカンケイ]

東京都美術館で4月25日~7月6日開催の

日仏交流150周年記念『芸術都市パリの100年展』の内覧会へ。

 

今回の内覧時間は1時間。

ちょっとキビシイかな・・・と思っていたけれど

やっぱり後半は駆け足[ダッシュ(走り出すさま)]

オノレ・ドーミエの風刺画をキャプションを読みながら

観ていたので時間を食ったのかも。。。[たらーっ(汗)]

    だって風刺画、好きなんだもん。。。

 


印象に残ったところでは、

ルイ=エミール・デュランデル《エッフェル塔の塔脚》

アンリ・リヴィエール《塔のアーチの足場の3人の作業員》

ヌルダン兄弟、エティエンヌとルイ=アントワーヌ《エッフェル塔の脚柱》

など、エッフェル塔建設時の写真群は、なかなか面白かった。

 

あとは、ギュスターヴ・モロー《デリラ》

ルイ・ルグラン《食後のひととき》

ピエール・ボナール《かわいい洗濯屋さん》とか。。。

ジャン=フランソワ・ラファエリ《パリの市庁舎》はかわいいなぁ。。。

ポスターないかなぁ。。。

 

と、知識も何もなくぼ~っと眺めているだけなんですけどね。


それでも、見ているうちに、少しずつ記憶には残っているようで……

ぼくの大切なともだち』という映画を観たとき、

美術関係の話題(質問)がわかるようになっていたのが

なんだか嬉しかった[わーい(嬉しい顔)] 

 

この映画は、この夏にBunkamuraで公開。

人に好かれず友だちがいない(ことに気づかされた)男と

人当たりが良く、誰とでもすぐに仲良くなれるけれど、

それは結局、誰かの特別な人ではないと気づいている男。

この一見相反するようで、

実はよく似ている二人の友情(?)物語。

派手さはないけれど、笑えて、しんみりして、それから

あたたかい心地になれる映画で私は好きですね。

で、ワインが飲みたくなります。

それも、ごくごく普通のテーブルワインを気軽に……。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『モディリアーニ展』 [おシゴトカンケイ]

国立新美術館(3月26日~6月9日)で開催の

モディリアーニ展』の内覧会へ。

 

モディリアーニといえば、首の長いなで肩の寂しげな人物像

といったイメージでしたが、この展覧会は

プリミティヴィスムに焦点を当てているそうで……

原始美術の影響を受けた〈カリアティッド〉など

いままでのモディリアーニの展覧会とはひと味違った感じ。

新鮮でした。


 

さてさて、この日は、似顔絵アーティストの桃井あおい氏に

モディリアーニ風の似顔絵を描いていただけるとか。

順番待ちの列の横から、サンプルを眺めてみると……

  この絵の雰囲気だったら、描いてもらいたいかも!

ということで、さっそく私も列に。

普通の似顔絵というリクエストもできるらしいけれど、

ここはせっかくなので「モディリアーニ風」で。


モディリアーニは、内面をよく知っている人でなければ

瞳を描き入れなかったとか。。。

『瞳はどうしますか?」と聞かれて、ココはお任せ。 


帰りに『モディリアーニ展』の看板と一緒に記念撮影



P1000386  



 モディリアーニ風ですね♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『ルーヴル美術館展』 [おシゴトカンケイ]

[雪]が降りしきる中、東京都美術館 企画展示室で開催の

ルーブル美術館展』の内覧会へ。

 

この日の内覧時間は1時間の設定。

だけど、あそこの美術館の規模からいって、

1時間じゃムリなんじゃないかな~。

過去の例からいって1時間半は欲しいよな~。

 

途中で、急かされたよ。。。[がく~(落胆した顔)]


 

美術館の広さからいっても内覧時間が

1時間というのはキビシイし 

絵画や彫刻と違って、嗅ぎタバコ入れなど

小さいものも多いから近づかないと見えない。

上下左右で違っている装飾をよく見ようと思えば

近づいてじっくり見たい。

となると、一つのものを同時に見られる人数が

自ずと制限されるわけで。

さらに、さらに・・・

音声ガイドが長い[バッド(下向き矢印)]

テレビ朝日アナウンサー

ポンパドゥール夫人、マリー・アントワネットなどの役で

作品紹介をするのだけれど

さくっと作品の解説をしてくれればいいものの

それぞれの役の挨拶だのの会話部分、

要するに小ネタが長い。

これがあるために、作品を見ながら解説を聞こうにも

延々くだらない話ばかり聞かされて、肝心の

作品の話題になる頃は、もうずいぶん眺めたあと。

なんだか、企画を立てた側と出演者だけが楽しんでいて

聴く人が置いてけぼりを喰っている気分。

 

いえ。。。内覧日じゃなくて、

普段だったらもしかすると楽しめるのかもしれません。

特に土日などの混雑時。

なかなか動かない行列を待っている間、

飽きさせないテクニックかも。

だけど、この日は余計でした。。。

 

そんなわけで、大勢の人が後半は駆け足。

設定時間が短かったことに気づいたんでしょうね。

15分くらいは延長していました。

なんだか慌ただしかったけれど、

《マリー・アントワネットの旅行用携行品入れ》が見られたから

まあ、よしとしましょうか。。。



 

会場を出ると……、まだ雪……。

お昼には止むんじゃなかったんですか?

上野界隈、むちゃくちゃ滑りやすくて危なかった・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

大ロボット博 [おシゴトカンケイ]

国立科学博物館で10月23日~2008年1月27日公開の

大ロボット博の内覧会へ。


会場へ向かうエスカレーターに乗って、ふと前のモニターを見ると

平体のかかった自分の下半身が。

画質があまりよくない上に、

この日は細身のジーンズだったこともあって

目も当てられない姿。(;´д`)トホホ と思いながらも

平体のかかった自分の顔に対する好奇心もあって

モニターを見続けていると、徐々に上半身も映りはじめ……

あっ!



 

ヘアスタイルと目が鉄腕アトムになっています!



なるほど。。。

 

おそらく、モニターに映る顔を認識して、

頭の部分にアトムのヘアスタイル(?)を

目の部分にアトムのキラキラお目々を当てているのでしょう。

 

幸か不幸か、私がエスカレーターに乗った時はひとりだったので

ひとりだけに限定されるのか、

何人までアトムに変えられるのかわかりませんが、

「大ロボット博」の名前に相応しい趣向に萌えっ♪

できれば、そのモニター画面を写真に収めたかったな~。 

 


肝腎の展示のほうは、というと。。。

正直なところ、思っていたよりも

触ったり動かしたりできる展示が少なかったかな~、と。

貴重なものもあるようなので仕方がないと思う反面

やっぱり実際に振れてみたいと思うのも本心。

個人的なところでは、メカものは苦手~とかいいつつ

すぐに「マジンガーZだ!」と気付いた自分にビックリ。

 


あとは、HONDAのASIMOは、

ロボット3原則を作った(?)

アイザック・アシモフから来ていると思っていたら

まったく関係なかったんですね。

Advanced Step in Innovative Mobility

新しい時代へ進化した革新的モビリティ

の略なんだそうで。。。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『フィラデルフィア美術館展』 [おシゴトカンケイ]

東京都美術館で10月10日~12月24日公開の

フィラデルフィア美術館展』報道内覧会へ。

 

東京都美術館の展示の仕方って

順路はわかりやすいし、

比較的近くから作品を鑑賞できるし

作品と作品との感覚も、遠からず近からず……

要は私好みです。


日本初公開の作品も多い

(てっきり公開されていると思ったのでなんか意外な感じ~)ので

『ダ・ヴィンチ展』の時のように、内覧会でも混んでいるのかな?

と懸念しましたが、それほどでもなく。。。

まぁ、それが正しい姿なんだよな、と思ってみたり。。。

 

だって、美術展に行って

「立ち止まらないでください!」

って、ヘンだと思いません?

絵を見に行ったんだか、

人の頭を観に行ったのかわからないって思いません?

 

海外で美術館に行くと、

その辺に座り込んで絵の勉強をしている人もいたり

ってのが普通の光景。

顔を近づけてみることも、

彫刻だったら、手で触れて質感を感じることもできる。

フラッシュさえ使わなければ、撮影だってできる。

 

もちろん、海外のすべての美術館がそうではないだろう。

でも、私が行ったところ、

ある程度、名前が知れているいくつかの美術館はそうだった。

(撮影は禁止されていたところがあったような気もするけれど

デッサンの勉強が禁止されていたところには行ったことがない)

 

海外でも、酔っぱらって美術館に侵入して

絵を傷つけたバカがいるようだから

(夜に酔っぱらいに侵入される美術館の警備ってどうなの)?

世界的に、「美術品」に関する考え方が変わってきて

ガラスケース(アクリル?)越しに観るのが当然、

という時代がくるかもしれないけれど。。。

やっぱ近寄ってみたいよなぁ。。。

好きなところで立ち止まって、

好きなだけ観たいよなぁ。。。

 

少なくとも。

「立ち止まらないでください」

なんていわれずに、観られることを祈って。。。

 

 

今回、イメージキャラクターの壇れいさんの撮影が

内覧会の時間に会場内で行われたので

おちついて鑑賞できなかったのが残念。。。

時間をずらして欲しかったな~

 

この展覧会、マティスの〈青いドレスの女〉が目玉のようですが

私が惹かれたのは、ジョルジュ・ルオーの〈薔薇を持つピエロ〉。

ピエロってモチーフが好きなんです。

今年の夏、東郷青児美術館で開催されていた

解き放たれたイメージ「サーカス展」

行けなかったのが悔しいなぁ。。。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

夏目漱石 [おシゴトカンケイ]

江戸東京博物館で9月26日~11月18日公開の

文豪・夏目漱石~そのこころとまなざし~』に。


 

両国の駅に着くと、お尻がお出迎え(笑)


Img_0456 さすが両国!



お尻が汚れているのは、



みんなに触られたのかな?


 

駅を出ると、でかでかと道案内が。

いかに、道に迷いやすい私でも、これなら迷わずにいけます。

ありがたや、ありがたや。

Img_0444  



 展示物もさることながら、



 気になったのがショップで売られていた

 夏目漱石モデルの付け髭!

 ちょっと高いので諦めましたが。。。

 買っておけばよかったかなぁ。。。


 

帰りに気づいた。

Img_0455_2



 



さすが、両国。



不知火型展があるということは

雲竜型展もあるのかな?


映画「ヘアスプレー」 [おシゴトカンケイ]

先日、Bunkamuraでミュージカルヘアスプレー」を観てきましたが、(→ここ

今度は10月公開の映画ヘアスプレー」に。

 

基本的に私は映画より舞台が好き♪というタイプなので、

舞台を観た直後の映画だと(-ω-;)ウーン

悪くはないんだけどね。でもね、生の迫力のほうが……

 

と、なるのが普通なのですが。

このヘアスプレーの場合

 それぞれの魅力があるよね♪

 

舞台でなければできない、あの演出がいいな~

と思うところもある反面、

映画でなければ描けないところもある。

 

ただ……

舞台を観てから映画を観たけれど

当時の社会情勢なんかは、映画のほうがわかりやすいから

順序が逆だった方がよかったかもな~。

 

でもでも。

舞台も映画も、どちらも元気になれることには変わりない!

観ている間は音楽に合わせてリズムを刻んじゃいます。

あんなふうにダンスできたら楽しいだろうな~。

 

     ミシェルファイファーSEXY


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

エディット・ピアフ~愛の讃歌 [おシゴトカンケイ]

9月公開の映画エディット・ピアフ~愛の讃歌」を鑑賞。



日本では「愛の讃歌で知られているフランスのシャンソン歌手

エディット・ピアフの生涯を描いた物語。

フランスでは公開8週間で500万人を動員。

フランス人の10人にひとりが観たことになる



 

普段なら、こういった

いくつもの時代が交錯するような映画は苦手なのですが。。。

 

たぶん、これ……

今年観た映画の中でいちばんになりそう。

  (今年はまだ4カ月あるので断言は避けておきましょう)

それどころか、今までに観た映画(人様より少ないんですが)の

中でも上位に来る作品。


劇場が明るくなると同時に席を立ちながら

「あ~~~っ、いい映画だったねぇ♪」

といいたくなるような映画じゃない。

しばらく座ったまま、何も映っていないスクリーン

呆然と見続けてしまう。

こんな感覚、映画の

ジーザス・クライスト=スーパースター(現在DVDが販売されていない……)

観たとき以来。

久々、ガツンと来たな~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『トプカプ宮殿の至宝展』 [おシゴトカンケイ]

以前に記者会見に行った『トプカプ宮殿の至宝展』(公式ブログ)が

8月1日から東京都美術館 企画展示室で開催されることになり、

オスマン帝国の栄華を目の当たりにしてきました。


 

いや。。。もう金や宝石がふんだんに使われているわ

刺繍がゴージャスだわで、くらくらしちゃいました。 



人間がきらびやかな甲冑を身につけるのはわかるけど、

馬用の鎧なんかもあって。。。

あの頃の馬ってずいぶん重たい思いをさせられたんだろうなぁ。。。


 

特筆すべきは、やはり東京京都

2会場で特別公開される「金のゆりかご」。

オスマン帝国では、王子が生まれるとスルタン、母后、大宰相から

三つのゆりかごが贈られる風習があったそうで。。。

  で、金のゆりかごって~のがすごいよね。。。

金だけではなく、ダイヤ、ルビー、エメラルド、トルコ石など

約2000個散りばめられ、豪華絢爛!

このものごっつい秘宝が、

日本の皇室に男児が誕生したのを記念して

特別に出品されたんだそう。

いや。。。もう写真では全くあの迫力は伝わりませんね。

とにかくすごいんだよ~~~~~~~っ!!

 

インカ・マヤ・アステカ展』は体調不良

ジブリの絵職人 男鹿和雄展』はほかのスケジュールが入ってしまい

このところ、美術展関係はご無沙汰だったな~~~。

次はどこに何を観に出かけることになるのかな♪ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

「めがね」 [おシゴトカンケイ]

「梅はその日の難逃れ」

 

というわけで、9月22日~公開の映画めがね」を鑑賞。

 

同じスタッフ・キャストで撮られた「かもめ食堂」は観ていないので

比較はできないのですが。。。


スピード感、とか、映像の迫力、などが謳われる映画が多い中で

こういう、ゆったり時間が流れる映画もいいかな、と。。。

 

あとは、いろいろわからないところが

そのままなのがいいな~と。

ミステリーなら謎解きがないと落ち着かないけれど

普通の人間の生活なんてそんなもの。

「どうしてあの時、あなたはこういう行動をしたの?」

そう聞かなければわからないことはたくさんあるし、

たとえ尋ねても、本人ですら

どうしてそうしたのかわからないことって

いっぱいあると思う。

だから、「こうなのかな~」って思わせるだけで

明らかにする必要はないんだと思う。

明確に知りたい! と思う反面、そう思う。

 

まぁ……個人的には

黄昏れるのは得意な方だと思いますが、

それでもこんな宿には泊まりたくないと思いますけど(笑)。



でも、これはちょっとあんまりすぎるけれど、

これに近い宿を好む人がいることも事実。


 

犬のコージが可愛かった。

って、犬がコージ、飼い主がユージ

U字工事って栃木弁の漫才師ですかっ!(笑)


 

【キャスト】 

 タエコ = 小林聡美

 ハルナ = 市川実日子

 ヨモギ = 加瀬亮

 ユージ = 光石研

 サクラ = もたいまさこ

 

市川実日子って常に顔に力入ってるよね。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - おシゴトカンケイ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。