So-net無料ブログ作成
映画・テレビ ブログトップ

ドラマ「歌姫」 [映画・テレビ]

7月に舞台を観た東京セレソンDXの「歌姫」がドラマ化。



     (舞台の感想は→コチラ



四万十太郎役を長瀬智也が演じる、と知って



楽しみにしていた。



 



四万十太郎はめちゃくちゃ男気の強い、格好いい人物。



長瀬の太郎ちゃんは、似合うだろうな~、と期待していた。



 



その反面。



2時間程度の舞台を連ドラにするということは



ムダに引っ張るんじゃないの? という懸念もあった。



 



はいっ。その通り。



妙に説明的な印象。



人物の性質の描写がうざい。



「こういう人なんだな~」って想像させてくれればいいものを



「こういう人です」と教えている。





のど自慢大会、なんて必要ありません。



この調子だと、クロワッサンの松も



あんまり好きになれないような予感。



 



細かいことはどうでもいいんだよ。



その人となりがわかるエピソードを引っ張ってくれれば。。。



 



ただ……、残念なことだけど



おそらく、そうなるであろうことは想像していた。



 



たとえば、自分が舞台を観に行った時、



「???」



最初はわからなくても、そのまま見続けて



次第に感覚的にわかり、理解し、感じ取ることができた。



だけど、家でテレビでドラマを見ていたら……



舞台を観るほど集中しない。



「???」



と思ったら、そのままチャンネルを変えたり、



次の週は忘れてしまったり。。。



時間をかけて知ろう、とは、たぶん思わないだろう。



 



そうなんだろうな~。



 



だけど。



 



だからといって



 



男だろうが女だろうが理想とするであろう太郎ちゃん像



ってのを考えると。



頭はいいんだろうけど、乙女心に疎いというか



「どうなのよっ! はっきりしなさい」



と思いながらも、もう少し見守っておきたいな~



とも思うのですよ。はい。



相武紗季の鈴は可愛いし、今後に期待。



 



 







  斉藤由貴の鯖子さんが



 「服を着ている!」ということに驚いてしまった(笑)



  ゲルマンはそのままなのにね(笑)


映画・テレビ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。